めまいの種類を把握し早めに病院で診察を受けよう

男女

聞こえる力を補助する道具

女性

耳が聞こえづらくなった方

難聴というのは、簡単に言うと耳が聞こえづらくなる病気です。この病気には生まれつき難聴の方もいらっしゃいますし、ある日突然難聴になってしまわれる方もいます。難聴になってしまうと、近づいてくる自動車の音や、遮断機の警報音などの日常になる音を拾いづらくなってしまうため、生活がしづらくなったり、危険を知らせる音に気づかないため、大変危険です。日本でも難聴に悩まれている方は多くいます。それらの方の手助けをする存在の道具が補聴器です。補聴器は、耳に装着をすることで周囲の音を聞こえやすくしてくれ、聴覚に異常をもっている患者さんの代わりに音を拾ってくれます。これを装着することにより、日常生活で聞こえてくる音を聞き取りやすくする役目があります。

特徴と知っておきたい事

生まれつき難聴に苦しむ方は、補聴器の存在はもちろんご存知かもしれませんが、突発的になった方はそれまでその存在を知らなかった方が多いかもしれません。その補聴器には、専門店がある為、わからないことがある場合には直接問い合わせることが懸命でしょう。また、以外にも補聴器はメガネ店で売っているケースも多く、迷った場合は近くのメガネ店に問い合わせるのも手かもしれません。また、補聴器を付ける上では、自分の判断でも大丈夫ですが、日本の病院の中には、補聴器外来という専門の診察科があるので受診をしてもよいでしょう。そこで、補聴器をつけるべきかの問い合わせや、難聴のことも重ねて聞けるので、一度専門医に診察しにいくことをおすすめします。